教えて!上手な偏頭痛との付き合い方|原因〜治し方まで

MENU

偏頭痛(片頭痛)とは何か、主な特徴とは・・・!?

書き方は二通りあり「偏頭痛」と「片頭痛」どちらの字も似ています。「偏頭痛」は頭が偏って痛む。「片頭痛」は頭の片側だけが痛む。とほぼ同じ意味になりますね。

 

偏頭痛の特徴は、ほとんどの場合頭の片側だけが痛むこと、またズキンズキンと脈打つように痛むことです。心臓の鼓動に合わせて痛みが走るように感じられます。
偏頭痛は発作的に起こり一般的には数時間続き長くても3日で治まります。

 

偏頭痛は一般的に頭痛が始まってから2時間ほどでピークに達し激しく痛みます。ちょっとした振動で痛みが増してしまうので多くの場合、日常生活に支障をきたしてしまいます。
偏頭痛で悩んでいるなら病院にかかり鎮痛薬をもらうなどして対処しましょう。(予防薬もあります。)

 

なお、偏頭痛は読んで字のごとく頭の片側だけに起こるものです。しかし稀に頭全体が痛むケースもあります。

 

 

偏頭痛の症状について

偏頭痛は頭が痛むだけでなく吐き気がしたり実際に吐いてしまうこともあります。嘔吐する場合には吐き気を抑える薬が処方されることもあります。

 

また片頭痛の最中や前には、視覚や聴覚が敏感になることが多いようでうです。

 

視覚

視覚に関しては「光がまぶしく感じる」「細かい字を見るとチカチカして耐えられない」などがあったり、テレビやパソコンの画面もまぶしく感じるので見ていることができなくなります。
またチェック模様や幾何学模様などが視界に入ると目が回るように感じたり、乱視になったのかと心配になるくらいチラついて見えたりします。

 

聴覚

聴覚に関しては「普段気にならない音が気になる。」「人の声や子供が遊んでいる音に耐えられなくなる。」「騒音や電車の音も普段以上に気になる。」など騒音が余計に頭痛を増してしまうことがあるのです。

 

におい

人によってはニオイに敏感になることもあります。
普段は好きで使っている香水の香りも片頭痛の発作中はキツく感じたり頭痛を増してしまったりすることがあります。
タバコやゴミなどの臭いも頭痛を増してしまいます。逆に、ラベンダーやユーカリ、レモン、ベルガモットなどのアロマは偏頭痛をやわらげる効果があります。

 

一度試してみてくださいね。

 

偏頭痛の発作中にはできるだけ静かで暗くした部屋で休みましょう。必要に応じてアイマスクや耳栓を使うのもおススメです。
偏頭痛の発作が起きているときには頭を動かすだけでも頭痛が増してしまうものです。横になって休めるならそれが一番です。

 

偏頭痛の多い方は普段から発作時に備えておきましょう。静かに休める環境づくりはもとより主婦なら発作時にも家族が食事に困らないように作り置きやレトルトのご飯を用意しておくのも一つの方法です。

 

何よりも偏頭痛を引き起こしてしまう要因について理解し、日常生活で改善していけたら一番いいですね。

より詳しい偏頭痛の情報は、こちらのサイトでご紹介しています。

偏頭痛の駆け込み寺|偏頭痛の原因・治し方・予防薬をご紹介


偏頭痛の体験談も100件以上あるので、きっと役に立つはず!